すぐアプリ(スタートアップ・ロック解除時起動)

Google Play で手に入れよう

すぐアプリアイコンから起動直後の画面。
ロック解除時に起動したいアプリを選択して下さい。

アプリを選択すると「起動アプリ」にアプリ名が表示されます。
何も起動させたくない場合は「なし」を選択して下さい。

アプリを終了させ、スリープ状態から復帰します。
ロックをスワイプで解除した次の瞬間・・・

設定しておいたアプリが起動します。
起動直後に毎回使うアプリなどを登録しておくと
アイコンタップの1動作が無くなり便利です。

詳しい動きの説明はこちら。
広告などは入っておらず軽量なシンプルアプリです。


ランダム抽選(トーナメント作成)

Google Play で手に入れよう

スイスドロー作成

Google Play で手に入れよう

データは10個まで作成できます。
データを長押しで削除できます。
データを選択し、「対戦表示」を選択してください。

となり合う二人同士で対戦という意味になります。
赤は勝利した人、青は負けた人、黄色は引分けです。
左上の赤いボタンで説明しますと、一行目がこの選手の状態、
二行目の左から順に【位置】【名前】【括弧は登録順番】です。
三行目は左から各ラウンドの勝敗を示し、
○が勝利、×が敗北、△が引分けです。

選手のボタンをタップすると勝敗入力画面になります。
対戦相手を自由に変えることも可能です。
画面上部の矢印は位置順に選手が切り替わります。

二回戦目の結果を入力済みの状態。
ここでゲームを終了する場合「順位表示」を押してください。

上から順番に順位が表示されます。
各行はボタンになっています。

これは一人目のボタンを押した様子です。
一回の対戦では勝利3点、引分け1点、敗北0点とします。
三人目は一回戦引分けで3点満点中1点(1/3)と
二回戦目で勝利し(3/3)。6点満点中4点(4/6)
これが三人目の強さを示します。
五人目は不戦勝をカウントせず、二回戦の敗北。
平均した相手の強さは合計÷人数なので(2/6)
つまり、一人目のオポーネントが(1/3=0.3333)
と計算されています。


数字消しゲーム

Google Play で手に入れよう

タブレットオーダーシステム

パソコンに商品データと画像データを保存し、パソコンをサーバーとして使用します。
無線LANでタブレットとデータの送受信を行うシステムです。

トレーディングカードを例として扱います。
パソコンに画像データを置いてあるものは、画像ボタンとなります。

商品名や価格、画像データをパソコンから取得します。

商品画像をタップすると可能な限り拡大して表示します。

注文ボタンを押し数量を+-で入力します。

お会計タブに切り替えると注文したものの一覧が表示されます。
ここでも商品の増減を行うことが可能です。

注文確定ボタンを押すとパソコンに注文データが飛んでいきます。
パソコンに常駐アプリを置くことにより注文が来た瞬間に
モニタにポップアップ表示させたりすることが可能です。


受注管理ソフト

契約して仕事を受注から、その契約に関する請求、原価を管理するシステムです。
主な操作画面を紹介致します。データ閲覧はEXCELにてVBAで出力しています。

最初に契約名と契約金額を入力して登録します。
受注先コードはあらかじめ受注先マスタにて登録します。

その契約に関する仕事を行った後に請求が発生します。
この画面で一つの契約に対して複数回請求登録ができます。
原価を登録するために必要なので未請求時点でも一つ作成します。

請求データを作った後であれば、原価を登録できます。
どの請求(仕事)に対しての原価かをここで登録します。

原価を登録後に請求データを呼び出します。
入金登録まで完了している場合は荒利が表示されます。

大本となる画面にも反映されます。
請求が複数回あった場合、合計での荒利も表示されます。

設定画面ではLAN内のSQL Serverにアクセスする設定があり
同じデータを複数人で同時に扱うことができます。


小売店向けPOS

VB6.0製POS
現在小売店5店舗で稼働中のPOSシステム。SQL Serverをデータベースとして使用しています。POSには販売・買取・仕入・店間在庫移動などの基礎的な機能を持たせ、その他の閲覧や商品価格の変更処理などはEXCELのVBAでシステム化しています。Windowsサーバーへ各店舗からデータを送信し、全店の在庫・売上状況をリアルタイムで閲覧することができます。
C#製POS
現在開発中の新POS。VB6.0はサービス終了の言語のためこちらを完成させ乗せ換えたいと考えています。汎用性を持たせて様々な小売店で使用できる形のものにする予定です。
ページのトップへ戻る